トップページ
イベント
トピックス
ショップガイド
シネマ&エンターテイメント
交通アクセス
マップ
グルメ

Bandai Jazz festival 2013

前月までのイベント
今月以降のイベント
HOME > Bandai Jazz festival 2014

Bandai Jazz festival 2014 のご案内

<重要> 本日の開催会場はこちら

Bandai Jazz festival 2014
出演

TOKU BAND /スガダイロートリオ / San-ninho / ONE SHOT ONE KILLING
SWING BROTHERS BIG BAND

出演者情報の詳細はこちら
TIME TABLE

<重要> 本日の開催会場はこちら

~ よい席をご希望のお客様へ ~
当日13:00より会場にて入場順整理券をお配りします。

16:15~ オープニング
16:25~ ONE SHOT ONE KILLING
17:00~ スガダイロートリオ
17:55~ San-ninho
18:45~ TOKU BAND
20:00~ SWING BROTHERS BIG BAND
20:30~ ジャムセッション
※出演時間は予告なく変更となる場合がございます。ご了承ください。

 

<同時開催>
アニメソングやおなじみの曲をジャズテイストでお届け!
JAZZふれあいステージ(キッズ、ファミリー向け)
BP2/1F エントランス 14:00~(30分程度の予定)

 
雨天時のご案内

<重要> 本日の開催会場はこちら

雨天時会場「NSTゆめホール」(NST 2F)

雨天の際は、開催会場を「新潟LOTS」に変更いたします。尚、会場変更は当日の天候により判断させていただきます。万代シテイのホームページ、NST、FM‐NIIGATAにてご案内いたしますのでご確認ください。
尚、雨天時入場整理券のお申し込み受付は終了となりました。
    

■雨天時入場整理券は下記の点にご注意ください。
・整理券は事前のお申込みに対し先着順に発行いたします。
・お申込み1件につき入場整理券1枚を発行いたします。入場整理券は1枚につき2名様までご入場いただけます。
・入場整理券は受付終了後ご郵送いたします。お間違いの無いようお願いいたします。
・開演時間を過ぎてもご入場いただけない場合は、整理券を無効とさせていただきます。
※会場収容人数に限りがございます。
※入場整理券をお持ちのかたを優先的に入場させていただきます。ご了承ください。

出演者情報
万代ジャズフェスティバル スペシャルプロデューサーTOKU

<~新潟の皆様へ~>
新潟の皆さん、いかがお過ごしですか?万代ジャズフェスティバルの日が近づいてきましたね!今年も皆さんに楽しんで頂けるような、素晴らしいアーティスト達を連れて行きます。まず、今年結成された、新潟で活躍するピアニストの斉藤伸宣とボーカルのRobinとのユニット、"ONE SHOT ONE KILLING" 精力的にライブを行っているその意気込みも演奏で聞かせてくれることでしょう。そして、僕のグループ以外に東京から2人のアーティストが参加します。まずは、去年日本デビューを飾ったボーカリスト&ギタリストのKeissy Costa。ブラジル人とのハーフのKeissyのその唯一無二の声は必ずや皆さんを魅了するでしょう。もうひとりは、フリー・ジャズ・ピアニストのスガダイロー。自己のトリオを率いての出演です。どこまで行っても"スガダイロー節"を弾く彼のプレイは最高!そして、今回の僕のグループでは、最も信頼するピアニストの宮本貴奈、若手の筆頭ベーシストの楠井五月、素晴らしい才能の持ち主のドラマー石若駿に加えて、僕の旧知の友でもあるサックス・プレイヤーの鈴木央紹をフィーチャーします。いつもよりジャズ色が濃くなりそう。トリはやっぱりSWING BROTHERS BIG BAND!今年も華やかにフェスティバルを飾ってもらいます。皆さん、どうぞお楽しみに!会場でお会いしましょう。

<TOKU プロフィール>
1973年生まれ、新潟県出身。第1回から本イベントに出演。日本唯一のヴォーカリスト&フリューゲルホーンプレイヤー。父親の影響でノンジャンルで音楽に親しみ、中学時代にブラスバンドで初めての楽器コルネットを手にする。2000年1月アルバム"Everythig She Said"でSMEよりデビュー。デビュー当初から注目を集め、その年の8月には早くもブルーノート東京に出演。また、アルバムはアジア各国でもリリースされ、積極的に海外での公演も行っている。また、ジャズの枠を超えた幅広い音楽性から、m-flo、平井堅、Skoop On Somebody、今井美樹、大黒摩季、などのアルバムに作家、プレイヤーとして参加。2008年に発売したアルバム「Love Again」は初のDuet SongをEXILEのATSUSHI氏を迎えて収録。また、2011年3月の東日本大震災の直後に行われた、シンディー・ローバーの国内ツアーにも参加し、話題となる。そして2011年4月27日、本人がずっと温めていた企画「TOKU sings & plays STEVIE WONDER~A JAZZ TRIBUTE FROM ATLANTA」を発売。2013年6月、グローバルな意味での「愛」をテーマにした、『DREAMADREAM』、発売。ますます活躍の幅を広げている。

日本の現在進行形のジャズスガダイロートリオスガダイロー(p) 東保光(b) 服部マサツグ(dr)

ピアニスト・スガダイローが、ベースに東保光、ドラムスに服部マサツグを迎え2008年に結成。いわゆるフリージャズ・バンドでありその演奏は過激そのものだが、そこにある種の王道的なキャッチーさを感じさせる、「日本の現在進行形のジャズ」を体現するバンドのひとつ。スガの驚異的なスピードにタイミングをビシッと合わせるタイトで正確無比な服部のドラミングは、ライブを重ねるたびにその精度と力強さを増している。互いに煽りまくりながら演奏を加速させ、爆発に爆発を重ねるような音楽的ダイナミズムはこのトリオの大きな魅力のひとつ。ふたりの完璧なコンビネーションにグルーヴを与えるのが、バッキング中もまるでソロをとっているかのように自由にふるまう東保のベース。芯のあるピチカートはもちろん、ときおりみせるアルコの重厚な響きで聴衆を魅了する。いずれもリーダーであるスガの予測不能かつテクニカルなアドリブに対応できる実力者だ。スガダイロートリオは首都圏での活動に加え、2011年より毎年恒例となった西日本ツアーで精力的にライブを行い、そのライブ毎にトリオとしての最高到達点を更新し続ける。まだまだ底が見えない進化の過程をお見逃しなく。

ボサノバ・サンバなどのブラジル音楽を中心に、オリジナルも多数 San-ninhoKeissy Costa(vo/g) 江本翔(p) 山根幸洋(b)

ボーカル・ギター Keissy Costa、ピアノ 江本翔、ベース 山根幸洋。
この3人で結成された「San-ninho(サンニーニョ)」。まるでアマゾンのジャングルや、壮大な大西洋をイメージするような野性味溢れる歌声を奏でるブラジル生まれのKeissy Costa(ケイシーコスタ)、大きく包み込むようなサウンドを奏でる江本翔、安定感と疾走感の両方を兼ね備えた山根幸洋が共に創りだす音楽は、この3人でしかできない生きた空間を創りだす。ボサノバ・サンバなどのブラジル音楽を中心に、オリジナルも多数。自然に笑顔になってしまう、若さ溢れる生き生きとしたバンドサウンドをお届けします。

vocal Robin、piano 斉藤伸宣による個性派デュオユニットONE SHOT ONE KILLING

2014年2月に結成。
JAZZ、洋楽、POPS、アニソン等、幅広いジャンルのカバー、そしてインスピレーションを感じた音楽には柔軟に向き合い、次々とバージョンアップを続ける、今後目が離せない個性派デュオユニット。


新旧幅広いレパートリーを誇る、新潟市の
ベテランアマチュアジャズバンド!SWING BROTHERS BIG BAND

1983年10月、新潟市のアマチュアジャズ演奏家が中心になって結成。
多くのイベントに出演しポピュラーミュージックの普及を展開している。バンド創立20周年を記念してニューヨーク市を訪問し現地の病院での
慰問演奏。